泊りがけでスキー

スキー場は遠いし移動や準備に時間がかかりそうだから…なんて思った方におすすめしたいのが泊りがけでのスキーツアーです。スキー場には近くに宿泊施設があることが多いのでのんびりスキーを楽しむことができます。そんな宿泊ツアーについてご紹介します。

宿泊ツアーのメリット

スキーツアー商品とは大きく分けて日帰りツアーと宿泊ツアーの2種類に分かれます。日帰りツアーには朝出発の商品と前日夜出発の商品に分かれますが、前日夜出発のツアーに参加しても滑りはじめられるのは朝から…

Read More

宿泊ツアーのデメリット

朝出発のスキーツアーは、近場で平日に参加する形であれば4000円台で販売されているツアー商品も存在します。また、前日夜出発の日帰りツアーについても、車中泊をする形で宿泊施設の1泊コストがかからない…

Read More

日帰りでスキー

日帰りツアーのメリット

1日だけしかないけれどスキーに行きたいと思ったら、日帰りスキーツアーに行ってみてはいかがでしょうか。日帰りツアーであれば、運転を気にすることなく、クタクタに疲れるまでスキーやスノボを満喫することが…

Read More

日帰りツアーのデメリット

日帰りでスキーへ行く場合、体力的な負担が大きいのがデメリットでしょう。滞在時間を長くするために夜発なり朝発なりになるわけですが、不慣れな移動に体力を奪われてしまうことがあります。テンションが上がっ…

Read More

日帰りツアーの予算

日帰りスキーツアーに参加したい場合、より安く済ませたい場合はまず新幹線ツアーではなくバスツアーを選択してください。バスツアーに関しては目的地までの距離が遠いとかなり料金がかかる場合もありますが、近…

Read More

宿泊ツアーの予算

出来るだけ安く参加したい場合

前日夜出発のスキーツアー(バス)は車中泊する形になりますが、寝台特急のように寝台料金が上乗せされる事はありません。そのため、夜出発日帰りスキーツアーの料金は朝出発の日帰りツアー同様に格安です。一方、宿泊ツアーは現地のホテル・温泉旅館の宿泊コストがかかるため、5000円から1万円の価格帯で販売されているツアー商品は存在しません。ではどれくらいのコストがかかるかというと、宿泊日数やホテルのグレードによって大きな差が発生します。日帰りツアー参加はせわしくなくて大変なため宿泊ツアーに参加したいものの極力安く参加したい場合は、まず2泊はあきらめて1泊2日のツアーを選択してください。その上で近場のスキー場に行く事にし、宿泊施設を選択できるツアーの中で一番グレードの低い宿泊施設を選べば1.5万円くらいでも参加可能です。なお施設内の飲食店の単価は高いため、お金がなければ家から食料を持ち込むのが良いと思います。

豪華なツアーにしたい場合

お金が潤沢にあって一切節約する必要がないような人は、豪華なツアーにする事も可能です。そして、できるだけ充実した旅にしたい場合は、1泊2日ではなく2泊3日にして、現地をたっぷり観光する時間を作る形をおすすめします。そんな2泊3日の豪華ツアーのコストに関しては、バスの往復運賃のほか、2日分ではなく3日分のリフト券、2泊分の宿泊コストがかかります。思いっきりお金を使える環境の中で最高ランクの宿泊施設に2泊する事にした場合は、ツアー料金の合計額が3万円前後になります。その上にスキー場内の飲食店で節約せずに食事を摂りたいならば3日分合計で5000円くらいの予算が必要です。さらに現地を観光している中で発生する行楽費を考慮すると、豪華な2泊3日のツアーにしたい場合は4万円の予算を用意しなければなりません。